訪問看護ステーションなんぶ

当ステーションは、現在4名の看護師・2名の理学療法士が常勤しています。

在宅で療養されている方々の「生活によりそった看護」を目標に、寝たきりの方や病気や障害をお持ちの方が少しでも安心して療養生活を送っていただけるよう訪問しお手伝いをさせていただいております。

訪問の予定は、訪問看護時間内で、ご本人・ご家族の都合に合わせて訪問のスケジュール調整しています。

なお、個人情報保護法に基づき、プライバシーの保護に努めます。

訪問日

訪問日(月~金曜日:午前8時30分~午後5時30分 / 土曜日:午前8時30分~午後12時30分 / 休日:土曜日午後・日祝祭日)

  • 上記以外の時間でも訪問の希望があればご相談に応じます。
  • 24時間対応体制および緊急時訪問看護体制をとっています。
  • 生活保護の方のご利用についても申請しております。
    (生活保護指定医療機関)

訪問看護サービス内容

印刷はこちらから

訪問看護ステーションなんぶ

  • 健康状態の観察・ご相談
  • 日常生活の看護・介護方法のご相談
    (食事・服薬・排泄・保清など)
  • 認知症状態の方の看護・ご相談・精神、心理的看護)
  • 医療器具・用具・各種カテーテルの管理、指導
    (IVH・CVポート・在宅酸素・胃ろう・ストーマなど)
  • 床ずれの予防、手当て(医療的処置・管理)
  • 疼痛管理
  • 緩和ケア
  • 介護者様のご相談
  • 寝たきり予防へのケア(リハビリ)
  • 在宅での見取り

訪問エリア

宮崎市内(清武・田野・青島)
詳細は下記地図参照

訪問エリアマップ

訪問看護ステーションを利用するためには…

医師(主治医)の指示が必要です。介護保険・医療保険のいずれでもご利用できますが、介護保険サービスをご利用中の方は、担当のケアマネジャーへ、通院中の方はかかりつけの医師にご相談ください。

※生活保護の方のご利用についても申請しております。

訪問看護ステーションをご利用される方々は、病気や療養環境が様々です

Bさんは、現在76歳、一人暮らし。

訪問看護で伺うようになり、4年と半年になります。C型肝炎で食欲不振となり、入退院を繰り返し、ご主人やご姉妹に先立たれた悲しみや寂しさで、精神的に落ち込まれた時期がありましたが、今は、朝の庭掃除や趣味のお茶会に出かけられるようになられました。

訪問看護は、週2回で、点滴をしています。たくさんのお薬は、カレンダーにして、飲み間違いや、飲み忘れがないようにしています。月1回は通院です。訪問看護で伺い始めた当初は、元気のないお声で、お腹の症状に対しての薬の相談が多かったのですが、今は、「部屋の片付けをしすぎて、足がつっています。どうしたらいいでしょうか?」と、お電話の内容や声が明るくなりました。足の痛みや腰痛はあるものの、積極的に週2回、デイケアでのリハビリに通いながら、いきいきと自分らしく生活されています。これからも、24時間365日体制で緊急時にも対応できるようにBさんの療養生活を見守らせていただきます。

ご意見・お問い合わせ